妊婦歯科健診のススメ

今回は、妊婦さんだからこそ受けてほしい、『妊婦歯科健診』についてお伝えします。

Q.妊娠すると、歯が悪くなるって聞いたんですけど・・・

A.「妊娠すると、赤ちゃんにカルシウムを取られるから歯が悪くなる」なんていう話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
しかし実際には、歯のカルシウム成分がお腹の中の赤ちゃんに移行することはありません。

では、妊娠すると歯が悪くなると思われているのは、なぜなのでしょうか?

妊娠中の口内環境

妊娠するとホルモンや体調の変化にともなって、妊婦さんの口内環境にも変化が起こります。
妊娠すると、プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンが増加します。
この女性ホルモンは唾液や歯周ポケットから出てくる液体に混ざって、口の中にも侵入しますが、歯周病菌はこの女性ホルモンが大好きです。
女性ホルモンの増加によって歯周病菌の動きが活発になり、歯肉炎が起こりやすくなります。
また、体内の免疫力の低下にともない、歯肉の免疫力も低下します。
さらに唾液の分泌量の低下で口の中が乾きやすくなったり、唾液の酸を中和する力が落ちて、口の中が酸性に傾きやすくなったりします。
その結果、歯茎が腫れたり、出血したり、むし歯になったりと、様々な症状が起きてしまうのです。

ーーーつわりでつらい時期も

つわりのひどい方は、歯ブラシを口の中に入れただけでも吐き気をもよおしたりして、歯をしっかりみがけないことがあります。また、つわりのために、食事の時間が不規則になったり、少量の食事を頻回に摂ったりすることで、口の中が酸性に傾く時間が長くなることがあります。

さらに、つわりの時は酸っぱいものを好んで食べる方も多く、お口の中がより酸性になりやすくなります。
妊娠中に歯が悪くなるのは、おなかに赤ちゃんがいるためではなく、妊婦さんの口内環境の変化と口腔内のお手入れがしにくくなることが原因のようです。ママ自身のお口の環境を整え、むし歯や歯肉炎、歯周病を防ぐためにも、歯科健診は重要です。

Q.ママの口腔環境がお腹の赤ちゃんに影響するってホント?

A.妊娠中に、お口の中の歯周病菌が増えてしまうと、早産や低体重児出産を引き起こす確率が増えると言われます。

ですから、生まれてくる赤ちゃんのためにも、ママの歯科健診とお口のケアをおこないましょう。

妊婦歯科健診と通常の歯科健診は違うの?

A.各自治体によって、妊婦歯科健診の受診の仕方は様々です。

常滑市や近隣の半田市、阿久比町、武豊町などでは、当該市町に住民登録のある方が、母子手帳を交付されるときに『妊産婦・乳児健康診査受診票』をお渡しされます。その受診票は、ページごとに切り離しのできる冊子タイプで、妊婦歯科健診、子宮頸がん検診、妊婦健診、産婦健診、新生児聴覚検査、乳児健診が受けられます。

これらは、愛知県内の医療機関助産所で使用できますが、『妊婦歯科健診』は当該市町の指定歯科医院のみで使用できます。

お住まいの市町村の指定歯科医院へご予約、お問い合わせをお願いします。

近隣の自治体のうち、知多市では、保健センターで妊娠7ヶ月以内の方および産後1年以内の方を対象に、『妊産婦歯科相談』を開催しています。予約制で、歯周病講話や歯科健診、歯科相談、歯みがき指導を実施しています。

お住まいの自治体や歯科医院によって、妊婦歯科健診の受診の仕方が異なりますので、ご確認ください。

アイデンタルクリニックで妊婦歯科健診は受けられるの?

A.どちらにお住まいの方であっても、妊婦歯科健診をお受けいただくことは可能です。

ただし、常滑市以外にお住まいの方の場合、各自治体で発行された受診票を使用しての歯科健診ではなく、アイデンタルクリニック独自の歯科健診となります。常滑市民でも、そうでなくても、毎月1回『妊婦セミナー』という時間を設けており、妊婦さんとそのご家族に知っていただきたい情報や知識をお伝えしています。お話の後、ご希望の方には『妊婦歯科健診』をお受けいただけます。保険証と、母子手帳、常滑市内の在住の方は『妊産婦・乳児健康診査受診票』の中の「妊婦歯科健診受診票」をお持ちください。

『妊婦セミナー』および『妊婦歯科健診』の費用の負担はありません。

すでに、他院で『妊婦歯科健診』を受けられている方でも、アイデンタルクリニックでの『妊婦セミナー』にご参加いただけます。この時期だからこそ知っておいてほしい情報をお伝えしておりますので、お話だけでもお聞きになり、少しでもお役に立てたらと思っております。

※『妊婦歯科健診』の内容と別に治療がある場合、または『妊婦セミナー』の日程とは別に常滑市以外の方の歯科健診を受ける場合は、保険診療として費用を頂戴いたします。

妊婦歯科健診を受診した後、その後の通い方は?

A.アイデンタルクリニックでは、それぞれのライフステージに合わせた通い方があります。

お腹の中の赤ちゃんは、生まれる前からママからのたくさんの愛情と栄養を与えられ、時にはお腹の中でおっぱいを飲む練習として指しゃぶりをしたり、手足を伸ばしたりして、すくすくと育っていきます。ママの普段の姿勢や生活が、お腹の中の赤ちゃんの成長に大きく影響します。

アイデンタルクリニックでは、妊娠期から、出産後の授乳、離乳の時期など、ママとして期待と不安がいっぱいの頃に、歯科医師・歯科衛生士・助産師・保育士・管理栄養士がそれぞれの分野の知識と経験を生かして、ママと赤ちゃんに必要な情報やケアの実践をお伝えしています。

まとめ

自分自身のこと以上に、大切で愛しい存在がお腹の中に芽生えたとき、これまで以上に自分のことも周りのことも大事にしようと感じるのではないでしょうか。より健康的な生活を送ろうと、様々な情報に触れるにつれ、情報過多から何を信じたらいいのかわからなくなり、頭がパンクしてしまいそうになることも・・・

私たちアイデンタルクリニックは、そんなママの気持ちに寄り添えるよう、それぞれの時期に合わせた定期的に通院していただくプログラムがあり、そのプログラムの内容も『妊婦セミナー』でご案内しております。生まれる前の、マイナス1歳からの歯医者のかかり方をどうぞ知ってください。

ーーーアイデンタルクリニックの妊婦セミナー

◆2022年11月1日(火)12:00~

◆2022年12月6日(火)12:00~

どうぞお気軽にお電話(0569-35-2119)でご予約、お問い合わせください。
「妊婦セミナーに参加したい」とお電話でお知らせください。