予防歯科

せめてわが子には、歯で辛い思いをしてほしくない…。むし歯になんてさせたくない…。 

『むし歯予防』『歯周病予防』『不正咬合(悪い咬み合わせ)予防』の3つの予防で、
生涯歯で困ることなく、おいしく食事ができるように私達が全力でサポートします。



うまれたての赤ちゃんには、むし歯の原因菌はいません。
歯が生えはじめてから生えそろう頃、つまり1歳半から2歳半くらいの頃に、
お父さんやお母さんなど、家族やお知り合いの方から感染します。

むし歯のきっかけを作るミュータンス菌の感染が早いほど、
その後むし歯ができたときの重症度が高くなるということが、
科学的にもデータで示されています。

だからこそ、3才までのむし歯予防が大事。

「三つ子の魂百まで」

3才までのむし歯予防が、
100才になってもおいしく食事ができる決め手となるはずです。

I Dental Clinicでは、
3才までのむし歯予防として『パオクラブ』があります。



まだ一人では診療チェアに座れない子、
お母さんと離れると泣いちゃう子、
歯みがきをイヤイヤしちゃう子、

そんな子たちだって大丈夫!

まずは、お母さんやお友達と一緒に、手遊びや歌を歌ったりしながら、
楽しく体を動かして、みんなで歯みがき練習をします。

そして、月替わりでテーマが変わりますが、
お母さんたち向けに大切な予防の話をします。

同じくらいの年齢のお子さんたちと一緒に、
歯医者は楽しいところだと感じてもらいながら、
親子一緒に『むし歯予防』をしていきたいと思います。



そのためには、家族の方もケアが必要です。

また、乳歯が上に10本、下に10本生えそろって、
大人と同じように食事が楽しめるようになる3歳以降のお子さんに対しては、

『パオたんクラブ』というものをご用意しています。

保育園や幼稚園に入園する頃になると、食事量も運動量も増え、
おしゃべりも上手になり、友達とのコミュニケーション能力も発達してきます。

食べる・しゃべる・笑う(顔の表情)という人間らしい行動と、
歯、舌、唇、頬などの機能の関係は深く、
正常な咬み合わせ、嚥下(飲み込み)機能、呼吸、姿勢にも大きく関わってきます。

そのため『パオたんクラブ』では、お子さんの成長や発達に合わせ、
永久歯が生えてくるまでの間に、
乳歯よりも大きな永久歯が生えるスペースを確保し、
その永久歯が正しい位置に生えてくるように、
舌や唇の動きと癖を確認しながら、楽しいゲームや遊びを通して筋機能のトレーニングをします。

もちろん、むし歯にさせないためのサポートもおこないます。
お子さんの口腔機能を守り育てる『パオたんクラブ』にもぜひご参加ください。

 


あなたの周りにもいませんか?むし歯になりにくい人
 
 ・歯みがきもしないのに、むし歯が1本もないという人。
 ・毎日きっちり歯みがきをしているのに、むし歯ができてしまう人。
 ・甘いものが大好きなのに、むし歯が1本もないという人。
 ・甘いものを我慢しているのに、むし歯ができてしまう人。

むし歯になりやすい人、なりにくい人、その差はどこにあるのでしょう?

私たちは、むし歯を治すことよりも、むし歯にさせないことに力を入れています。
 

むし歯の原因をつくらない・つくらせない

むし歯は、細菌の出す酸によって歯が溶かされる病気です。
下記の3つの要因がすべて重なり、そこに時間が加わると、むし歯が発生します。


これらの原因をコントロールさえできれば、むし歯を防ぐ事ができるのです。そのためには、まずお口の中がどういう状態であるか知ることが大事です。まずは、それを調べることからはじめましょう。
 

予防歯科の必要性

治療中心の限界
今までも一般的な歯科治療は、悪くなった歯を削ったり詰めたり抜いたりと、悪くなった部分を排除して、別の代わりのもの(被せものや、入れ歯など)に置き換えているだけでした。確かにそれで痛みは治まり、快適になったでしょう。でもそれは、所詮その場しのぎのものであり、決して健康な状態に戻ったわけではありません。何度も治療を繰り返すことになったり、治しても治してもどんどん悪くなってしまったりすることが多いのが現実です。悪くなった部分を治す、という「治療中心」の考え方では、どんなに最高の治療をおこなったとしても、最終的に歯を失うことは避けられないのです。
 
治療の無償化を行ったニュージーランドの経験
ニュージーランドではかつて小中学生に、徹底的な歯科治療を無償でおこなうという政策を行いました。検診をしてむし歯が見つかればすぐに治療をするという「早期発見・早期治療」を徹底したのです。そのおかげで未処置のまま放置されることはなく、次々に治療を進めることができました。しかし、結局のところ大人になってもむし歯の数は減ることはなく、最終的に歯を失ってしまう本数は、徹底的な治療をおこなってもおこなわなくても、変わりないという結果になってしまったのです。

そういう「早期発見・早期治療」が、本当に人々が望む歯科治療でしょうか?
歯を失っても、入れ歯やインプラントがあるから大丈夫!本当にそうでしょうか?

歯を失ってしまった人からすれば、「入れ歯やインプラントのおかげで噛めるようになった」などという喜びの声を聞く事が出来ます。しかし、そもそも自分の歯がちゃんと残っていれば、入れ歯やインプラントのお世話にならなくても済むのです。しかし、「親」も「歯」も、なくしてしまうまえに、そのありがたみに気付いてほしいのです。自分の天然の歯に勝るものはありません。なくしてからそのありがたみに気付けるのは「親と歯」なのかもしれません。自分の歯で、おいしく食べ、楽しく笑え、自信が持てる。それこそが、喜びであり、豊かさだと思うのですが、いかがでしょうか?

むし歯や歯周病など、悪くなってしまった歯は「治療」するしかありませんが、悪くなっていないものは「守る」ことができます。そして私たちは、どう守れば、歯を失わずに済むかを、知っています。
 
予防中心で成功したスウェーデンと山形県酒田市
ニュージーランドとは逆に、「予防」を徹底したことで歯を守ることに成功したスウェーデン。そして、その予防法を日本でも取り入れ、成果を出している山形県酒田市。私たちは、そんな「予防先進国・先進地域」を見習って、ここ常滑から「予防」をさらに広げていきたいと考えております。
そこで、今までおこなってきた「子ども用メインテナンス」がさらに進化して、「Go To クラブ」として生まれ変わりました。どうか私たちに、あなたのお子様のお口の健康と成長をサポートさせてください。お子様の未来のために、一緒に予防に取り組んでいきませんか?

 

大人の予防 ~歯を失わないための診療の流れ~ こちら>>>

小児の予防 ~歯を失わないための診療の流れ~

まずは、ご家族の方に普段の生活をお聞きしたり、日常の癖や習慣、気になることや困っていることをお聞きしたりします。
お口の中の環境は、お口の中だけで起こっているのではなく、生活習慣に大きく関わっているからです。

そして、ひとりで診療チェアに座って大きなお口を開けられたり、うがいができるようなお子さんは、診療室に入ります。
初めての歯医者さんで、慣れない場所では不安かもしれません。
でも、成長や発達に合わせて少しずつ慣れていきましょう。

まだひとりで診療チェアに座れない小さなお子さん(3歳未満)は、お母さんのお膝の上でお口の中を見せてください。
お母さんと一緒にお腹の上にゴロンと寝そべってみたりします。
できることから、ひとつずつ進めていきましょう。

そして、楽しくむし歯予防できるように、『パオクラブ』への参加をお勧めしています。
『パオクラブ』では、3歳未満の小さなお子さんを対象に、
楽しく歌いながら歯みがき練習や仕上げみがきの練習をしたり、
お母さんやお父さん向けの予防のお話をしたりします。


『パオクラブ』の開催日や内容などについては、随時お伝えします。

予防について知る
1日目初診(1時間) :口腔内診査 ~自分のお口を知ろう~
お口の検査

まず、お口の中を検査します。むし歯はあるかな?上手に歯磨きできているかな?
 
歯磨きチェック

お口の中の「むし歯菌(プラーク)」を赤く染めだします。上手に歯磨きができている所と、うまく磨けていない所が、一目でわかるよ!

歯磨きのコツを伝授します。お子さん自身による上手な磨き方と、お母さんによる仕上げ磨きのポイントをお伝えします。
 
レントゲン撮影

レントゲン撮影をおこない、これから生えてくる永久歯の確認などをします。
 
2日目(30分):むし歯リスク検査 ~むし歯はどうしてなるの?~

だ液検査

世界基準(WHO推奨)の検査キットです!
どれくらいむし歯になりやすいか、お口の中の細菌や唾液の量や質などを調べたり、検査したりします。食生活の習慣等もお聞きします。
 
3日目(1時間):予防プログラム説明とクリーニング ~むし歯にしない方法を知ろう~

結果説明

様々な検査の結果や問診から、その子に合った予防プログラムを提案します。
その子に合った、歯磨き剤や歯ブラシ、フッ素やキシリトールなどのケアグッズもおすすめします。
 
4日目(30分~1時間):再評価 ~予防はできていますか?~

お口の再診査

歯みがき指導、簡単な歯石取り、予防プログラムの実行により、どの程度お口の環境が変わったか再評価します。今後必要な治療のための診査をします。
 
歯肉炎を治す、予防する
歯肉炎の治療・予防


歯肉炎のあるお子さんは、歯石取りやクリーニングを続けて歯肉炎を抑えます。
 

むし歯を治す
むし歯の治療


むし歯のあるお子さんは、むし歯の治療をします。
 

メインテナンスへの準備
ホームケアの確認


お口の中が改善できているか、もう一度だ液検査をします。また、ご自宅でのホームケアの確認も行います。
 
メインテナンス・健康の維持
メインテナンス・健康の維持
定期的な歯のクリーニング

検査の結果から、一つ一つのむし歯の原因を小さくすることが予防の第一歩!
健康な状態を維持していくためのメインテナンスに移行します。その子のお口の中の環境や、生活スタイルなどによって、定期的に通っていただく期間も異なります。当院が、一番力を入れている部分でもあり、自信を持っている部分でもあります。
 

パオクラブ(3才未満の小さなお子さん向けのむし歯予防クラブ)


お子さんの大事な歯を、パパもママも一緒になって楽しみながら守っていこうというのが、一番の魅力です。
 
アクセス


大きな地図で見る〒479-0831 愛知県常滑市錦町1-22-2
名鉄常滑線多屋駅から徒歩15分
営業時間:AM9:00~PM18:00
休診日:木曜日、日曜日、祝祭日

  • RSS配信
  • RSSヘルプ