スタッフBlog

2015年9月30日 水曜日

何を食べたかより、何を出したか・・・

食育指導というと、どうしても『何を』食べたかという、
栄養的な話になることが多いです。

もちろん、栄養学的にバランスのとれた食生活は大切。
なるべく好き嫌いなく、なんでもおいしく食べることのできる、
その年代や生活に合った量と質を考えたメニューが良いのは当然です。



でも、『いつ』『どのように』食べたのか、という観点も重要。


同じ、おまんじゅう1個でも、
みんなと一緒にお弁当を広げ、昼食後のデザートとして、
お茶やコーヒーと一緒に一息つきながら食べるのと、

夜寝る前に、テレビを見ながらダラダラと食べるのでは、
同じカロリー、同じ栄養素だとしても、
身体への影響は全然違うでしょう。



また、どんなに栄養バランスのとれた
和食メインの食事をとっていても、
毎日便秘だったり、逆に毎日お腹をゆるくしている状態であれば、
それは健康的とは言えません。

中には、いつもお昼は外食かコンビニ弁当という方でも、
毎日快便で、肌つやも良ければ、それは健康的といえるでしょう。



『何を食べたか』も大事ですが、
『何を出したか』もとても重要なんです。


大でも小でも、
便は、身体からの便り(たより)。
私たちの身体が、健康であるかどうかのバロメーターです。


どんなお便りであるかは、
私たちの身体の機能にかかっています。



胃腸の働きをはじめ、
出口付近も重要ですが、ヒトの体は川の流れと同じ。
下流を美しく保つには、上流をさらに美しく保たねばいけません。

身体の中でもっとも上流は、口です。
口が健康的に、清潔に、機能的に保たれていなければ、
その先の全身を健康に保つことは難しいでしょう。


良いお便りを出すため=健康に保つためにも、
一番最初に意識するのは、よく噛むこと。

よく噛んで、唾液と一緒に混ぜ合わせながら、
お口の中で、一番最初の消化活動をおこなうこと。


ここがうまくできないと、
ここでつまづいてしまうと、
その先もスムーズに運ばなくなってしまいます。


『何を食べたか』よりも、『何を出したか』を見据えて、
そのために、『どう食べたか』を意識するようにしましょう。


I Dental Clinicでは、
乳幼児期のミルク、離乳食をはじめ、
むし歯予防や不正咬合を防ぐための食育や、
年代や生活スタイルに合わせた食のアドバイスもおこなっています。



『歯』の専門家だからこそ、
『歯』そのものを守り育てることはもちろん、
『歯』をどう使うか、どう生かすか、ということにも目を向けています。

投稿者 医療法人 真稜会 I Dental Clinic | 記事URL

2015年9月28日 月曜日

スタッフ研修旅行記

昨日、I Dental Clinicのスタッフ旅行で、伊勢へ行ってきました。

セントレアから、飛行機ではなく船に乗り、伊勢湾を横断。
津なぎさまちから、バスに乗って伊勢神宮へ。




鳥居をくぐって、五十鈴川を渡り、
玉砂利を踏みしめていくと、心がピンと引き締まります。


今回の旅では、特別参拝をおこなうため、正装での姿です。




伊勢神宮での参拝を終えた後は、
おかげ横丁で名物伊勢うどんを食べたり、
赤福や赤福氷を食べたり、
牡蠣フライやひものを食べたり、
おいしいビールを飲んだりと、うまし国の食を満喫しました。




この日はたまたま、地元常滑から大勢の方が、
団体で伊勢を訪れており、
あちこちで患者さんや知り合いの方たちに
お会いすることができました。

なんだか、見えない糸・ご縁で結ばれているような気がしました。




神宮・おかげ横丁を後にした私たちは、
ラフな格好に着替えて、二見シーパラダイスへ。

ここでは、セイウチとのふれあいタイムを満喫しました。
体重1トンと超えるという大きな体と人懐っこい性格の
セイウチと記念写真。




セイウチのお口の中を激写!
おひげはまるで、ゴム製品の人形のようだけど、とっても繊細。
たらこ唇の厚い唇を開けると、奥には歯が上下で合計8本見えました。




セイウチは、オスもメスも長い牙が特徴で、
大きく伸びると1メートルくらいにもなるそうです。



そんな動物の歯の様子もしっかり確認してしまうのも、
職業柄かもしれません。

その後、夫婦岩や二見興玉神社を訪れて、
縁結びと無事かえるを祈願。


おいしい夕食を頂いて、再度船でセントレアへ。
時間が経つのがあっという間の、
充実した一日を過ごすことができました。

しっかりエネルギーチャージしてきましたので、
またこれから、チームワークもバッチリ、
パワーアップしたI Dental Clinicで毎日を送れそうです。

投稿者 医療法人 真稜会 I Dental Clinic | 記事URL

2015年9月25日 金曜日

仕事が喜びになる

I Dental Clinicのスタッフは、
個性豊かなメンバーがそろっています。


歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士といった、
歯科医療専門の資格を持った職種もあれば、

特に歯科専門の国家資格がなくとも、
これまでの経験や知識などを生かしながら、
活躍できる職種もあります。


正社員、非常勤、パートなど含めると、
総勢29名もの大所帯ですが、
歯科医師自体はわずか3名。

そのうち1名は矯正専門の非常勤ですから、
歯科医師がスターとなって活躍しているというよりも、
スタッフたちがそれぞれに輝いている医院であるといえます。


歯科医院は、女性スタッフが多いのですが、
I Dental Clinicも女性スタッフがほとんどで、
常に誰かが産休や育休中だったりします。


男性は、院長と技工士の2人だけ。


その希少男子である、歯科技工士の彼は、
実はまだ、I Dental Clinicに入社してわずか3か月ほど。

他院での歯科技工士としての経験を生かしながら、
今現在、I Dental Clinicでバリバリがんばってくれています。


そんな彼が、今朝みんなの前でこんなことを言っていました。


*** *** ***

この医院に勤務して約3か月。

ここで働いて、歯科技工士として良かったと感じることは、
自分が作った補綴物(詰め物やかぶせものなど)を、
患者さんの口腔内にうまく合った時、

担当のドクターや歯科衛生士、歯科助手から、
「今日のかぶせもの、まったく調整なしでピッタリ入ったよ。
 患者さんも満足げにされていたよ。」
と言っていただき、一緒に喜べること。



前歯のかぶせものを作る際に、
仮の歯を作って形や色などを確かめたりしている時、

何度も何度も患者さん自身と向き合って、
「もうちょっとこうしてほしい、こんな感じにしてほしい」
という細かい希望にも根気よく付き合った末、
最終的に大変満足できるものが完成して、
患者さんから感謝の言葉を頂けたこと。


出来上がったその時だけでなく、次に来院した時も、
「おかげで、食べやすくなった」とか
「歯を見せて、笑顔で笑えるようになった」とか、
その方の日常の中で、喜んでいただけることを、
担当の歯科助手経由で聞くことができること。



そんな声を聴くたびに、
マスクの裏でにやついてしまうのです。


歯科技工士の仕事は、
目の前にある模型とにらめっこしながら、
どれだけ良いものが作れるか、という
モノづくり、職人気質の部分がとても多いのですが、

決して、『モノ』を作って満足するのではなく、
その『モノ』の先には、患者さんの姿があり、
患者さんの生活そのものがあるということを、
肌身をもって感じることができるのが、
I Dental Clinicに来て良かったと思うことです。


*** *** ***

彼の話を録音していたわけではないので、
一字一句正しいわけではありませんが、
こんなことをスタッフみんなに伝えてくれました。





自分が今おこなっている仕事。
直接相手に喜んでもらえる仕事もあれば、
間接的にしか伝わらない事もあるでしょう。

本当に、誰かの役に立っているのだろうかと、
悩んでしまうこともあるかもしれません。


でも、I Dental Clinicでは、
どんな仕事も、必ずその先には相手の喜びがある。
仕事そのものが自分の喜びなる。

そんな職場だと感じています。


いろんな職種。
いろんな役割。
いろんな個性。

それらが集結した時、
それはただの足し算としての力じゃない。
無限に広がるパワーとなって、輝きだす。

投稿者 医療法人 真稜会 I Dental Clinic | 記事URL

2015年9月16日 水曜日

健康寿命

最近よく耳にする『健康寿命』。


50年前、100年前に比べると、
平均寿命は著しく伸びましたが、

歯を喪失してしまう平均年齢は、
それほど変わっていません。


失ってしまうのは歯だけではなく、
生活習慣病や足腰の衰えなどで、
自分らしくイキイキと生きるという気持ちさえ、
失ってしまっている方や、

中には、病気と友達、薬が食事のような、
病院や施設のベッドの上で生きている
(=死なないでいる)方が多いのも事実。



高齢の方に多いのが、
転んでしまうことによって骨折してしまい、
そのまま寝たきりになってしまうことや、

上手に咳き込んだりむせたりすることができずに、
誤嚥性肺炎をおこしてしまうこと、

好きなものも食べられず、食事が苦痛で、
外出するのもおっくうになって、
人と会うのも面倒になること、などがあります。


せっかく長生きするのなら、
自分の歯でおいしく食事ができ、
自分の足で立って歩き、
人と会っておしゃべりを楽しむ、
そんな人生を送りたいものです。


そのためにできること。

何歳になっても、遅すぎることはありませんが、
何歳からでも、早すぎることもありません。


身体の入り口であるお口の健康と、
身体を支える土台である足の健康は、
一見離れていて、関係性が薄いように思われがちですが、
実はそうではありません。


身体の歪みや不調は、足元や口元に表れやすく、
悪くなる前に予防するためには、
その人の足元と口元に着目するとわかりやすいのです。



また、その人の歩いてきた道のりがその人の人生となり、
その人の食べたものがその人自身を作っている、と考えると、
足と口は、その人そのもの。

その足元と口元に着目しながら、
健康を維持増進することが、
これからの高齢社会を希望あるものになるのではないでしょうか。

高齢社会を悲観することなく、
死ぬまで元気で健康で、自分らしく生きられるように。


呼吸・姿勢・食事を意識した年代別プログラムがあります。

詳しくは、来院された際にお伝えいたします。

特に、成長が著しい6歳から10歳くらいのお子さん向けの、
咬み合わせ・歯並び・姿勢・呼吸について、
自信を持ってすすめておりますので、
お気軽にお問い合わせください。

投稿者 医療法人 真稜会 I Dental Clinic | 記事URL

2015年9月12日 土曜日

魔法の呪文

歯並びを悪くしてしまう原因の第1位は、
『口呼吸』です。

お鼻で呼吸できずに、
口を開けっぱなしにしているのはよくありません。

唇を閉じて、お鼻で呼吸できるようになりましょう。



歯並びを悪くしてしまう原因の第2位は、
『舌の悪い癖』です。

舌で歯の裏から押したり、
歯と歯の間に舌を挟んだり、
いつも舌が下に落ちてしまっているのはよくありません。

常に舌は、上あごにぴったりくっついているようにしましょう。




唇を閉じる力と
舌を上に持ち上げる力を鍛えるため、
様々なアクティビティーがあります。



ただ、その中にはない、魔法の呪文・・・
いつでも誰でもできる、魔法の呪文・・・

唇を閉じる力と舌を持ち上げる力が
自然に身につく、魔法の呪文・・・


それは、

『サッポロラーメン とろろいも』

これを早口言葉のようにではなく、
ゆっくりしっかり舌を意識して唱えてみましょう。


これが、歯並び予防に効果があるかどうかは、
やってみないとわかりませんが、
一度試してみる価値はあるかも???

by杉田美由紀

投稿者 医療法人 真稜会 I Dental Clinic | 記事URL

2015年9月 1日 火曜日

9月です 1年の4分の3が過ぎました

今日から9月!
1年の4分の3が過ぎました。


来院者の多くが、
3か月や4か月に一度来院するメンテナンスの方なので、
次回の来院日の確認をすると、

12月や来年の1月の予定だったり、
中には、半年後の来年の3月という方もいらっしゃいます。



1年が過ぎるのが、年々早く感じてしまうのですが、
1年経っても、大して変化のない自分を
情けないと感じてしまうことも・・・(汗)



MRC矯正治療をはじめたお子さんが、
半年、1年、と経っていく中で、どんどん変化していく様子を見ていると、
子どもたちの成長は素晴らしいなと思います。


自分自身や家族からは、
毎日見ていることなので、その変化にあまり気づかないのですが、
毎月毎回写真を撮って比較しているので、
1年前の状態を写真で見比べると、その違いに驚かれます。


また、ちょうど子どもの成長期に合わせておこなっているので、
顔立ちも変化してきますし、身長も伸びてきますし、
お子さんたちの成長を、お母さんたちと一緒に喜べるのが、
何よりの嬉しさです。



また、もっと幼いお子さんで、
最初に来た時はお母さんから離れられなかった子も、
いつの間にかひとりでチェアに座れるようになったり、

あんなに泣きわめいていたお子さんが、
他の泣きじゃくるお子さんをよしよししていたり、

歯みがきを嫌がって仕上げみがきさせてくれなかった子が、
自分から歯ブラシとコップを持って自慢げに歯みがきしはじめたり、


今までできなかったことが、
歯医者に通う中でできるようになることはたくさんあります。


子どもたちがどんどん成長していくように、
ただ月日が流れていくのを見過ごしていくのではなく、
私たちI Dental Clinicも日々成長していきたいと思います。

投稿者 医療法人 真稜会 I Dental Clinic | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る〒479-0831 愛知県常滑市錦町1-22-2
名鉄常滑線多屋駅から徒歩15分
営業時間:AM9:00~PM18:00
休診日:木曜日、日曜日、祝祭日

  • RSS配信
  • RSSヘルプ