MRC矯正治療

2015年10月31日 土曜日

転ばぬ先の杖?

予防って、転ばぬ先の杖だと思うのです。

そのまま何もしなければ、
転んでしまうだろうことを予想して、
転ばないように杖をつく、ということですが、

その杖の長さや大きさ、使い方は、
その人に合ったものでないといけません。


あの人にピッタリのものでも、自分にとってピッタリとは限りません。

だから、杖を選ぶためには、
自分の体や運動機能などをよくわかっておく必要があります。

もしかしたら、人によっては、杖なんて必要なくて、
逆に杖が邪魔になって、かえって面倒になるかもしれません。



むし歯にしても歯周病にしても、不正咬合にしても、
それらを予防しようと思ったら、
まずは自分自身の現状を知ることからはじめましょう。


自分にとって、どんなことをおこなえば予防できるのか。
本当に必要な事を、正しく見極めることが大切です。

もちろん、私たちプロの歯科医療従事者として、
その方に合った方法を、知識と技術でサポートしていきます。



今私たちがすすめている、MRC矯正はまさにそう!

口腔内のみならず、顔・全身・生活習慣・癖などから、
何をどうすれば、どうなるかを見極めて、改善していきます。


そして将来、歯を抜かなくてもいいように。
ブラケット(ワイヤー)をつけなくてもいいように。
リテーナー(保定装置)をつけなくてもいいように。

子どもの頃から、その原因を改善させることで、
将来、一般的な矯正治療をしなくてすむというのが、
このMRC矯正の一番の魅力であり、
ある意味予防だと思うのです。


さらに言えば、MRC矯正さえ必要がないように、
もっと幼い頃からの取り組みとして、
遊びやゲームを通して口腔機能を育成したり、

もっとさかのぼれば、
離乳食やミルクを飲んでいる赤ちゃんの頃から、
唇や舌、頬の筋肉や機能を育成したり、

もっともっとさかのぼれば、
お腹の中にいるころの妊娠中のお母さんに対して、
健全に赤ちゃんが育つような生活や体力を身につけたり、


転ばぬ先の杖は、どんどんさかのぼってできることがあるのです。


そして、どんどんさかのぼって、
そうであることが当たり前になってしまえば、
転ばぬ先の杖さえも必要なくなるのではないでしょうか。



私たちは、そんな世界を目指しています。

予防予防、と目くじら立てておこなうものではなく、
自然に過ごしていたら予防できていた、と言えるくらいの日常、
生活の一部、文化になればいいと思っています。


でもまだ、そういう世界は少し先のようなので、
今はもう少し、予防についてもう少しがんばっていこうと思います。

投稿者 医療法人真稜会IDentalClinic

アクセス


大きな地図で見る〒479-0831 愛知県常滑市錦町1-22-2
名鉄常滑線多屋駅から徒歩15分
営業時間:AM9:00~PM18:00
休診日:木曜日、日曜日、祝祭日

  • RSS配信
  • RSSヘルプ