MRC矯正治療

2015年10月26日 月曜日

チャンスの神様は前髪しかない

「チャンスの神は前髪しかない」という言葉は、
「好機はすぐに捉えなければ、後から捉えることは出来ない」
という意味でよく使われます。


そんなことをよく感じるのは、
子どもの成長と発育に合わせた治療法として、
MRC矯正を取り入れるようになって、


■今、このタイミングで始めたからこそ、良い結果が出た!
という方や、

■もっと早く始めていれば、さらに効果的にできたのに・・
という方、

■あの時、伝えることができていたら、こうならずに済んだのに・・・
という方など、


子どもの成長の早さを考えると、
ほんのわずかなタイミングの差で、
その結果が全然違うということを、まざまざと見せつけられるからです。


定期的継続的にメンテナンスに通っているお子さんでさえ、
前回の来院時と比べると、身長がグッと伸びていたり、
なかなか抜けなかった乳歯が抜けて、永久歯が生えていたり、
クラブ活動などの影響で、体つきも大きくなっていたりと、
その成長の早さに驚かされることもしばしばです。


身体的にも、知識的にも、精神的にも、
今、ここでおこなうのが、ベストなタイミング!という
ゴールデンエイジと呼ばれる年齢があります。




今や、5人中4人は不正咬合(よくない歯並び)と言われ、
美しく健全な噛み合わせや歯並びのお子さんは、
本当にわずかしかいないのが現実です。


そういう状態は、実はお父さんもお母さんも気づいているのです。
本人だって、気にしていないわけではないのです。

でも、周りを見て、「まっ、こんなもんか・・・」と思ってしまうのです。

子どもは大人の鏡です。
周囲の大人が、クチャクチャ音を立てながら食事をしていれば、
子どもも同じことをするでしょう。
それとおんなじで、同じような生活習慣で過ごしていると、
同じような体つきになり、同じような歯並びになってしまうのです。


そして、矯正治療という言葉を聞くと、
「治そうと思ったら、高額な費用が必要なんでしょ」
と、どうしてもその費用のことが先に頭に残ってしまい、
大切な情報をついシャットダウンして、
気づかなかったふりをしてしまうのです。



歯並びや咬み合わせの不具合は、
遺伝的要素が原因となるのは、わずか2%程度。
悪くなってしまう原因のほとんどが、日常の生活習慣に関わること。


歯並びが良くない人の生活習慣と、
歯並びが健全な人の生活習慣を比較すればよくわかります。

歯並びの良い人が、
歯並びのためだけに何かをあきらめたり、
歯並びのためだけに過酷な修行をしているわけではありません。


ただほんのちょっと、
当たり前のことを当たり前におこなっているだけなのです。



その良い習慣や良い癖を身につけるのにもっとも適した年齢。
そのゴールデンエイジと呼ばれる年齢は、
あれこれ迷っている間に、あっという間に通り過ぎてしまいます。


だからこそ、私たちはそこに乗り遅れないように、
ゴールデンエイジと呼ばれる年齢のお子さんにはもちろん、
その予兆が見え隠れしている、もう少し幼いお子さんにも、
必要と思われる方にはすべてMRC矯正についてお伝えしています。


たとえ、お子さんもそのご家族も、
矯正治療について関心を持っていなかったとしても、


後からそれに気づいて
「あの時、気づいていれば」「あの時、こうしていれば」
と後悔しないように。


実際、私たち自身が
「もっと早く、この方法を取り入れていれば、
 あの時のあの子の治療にも生かせたのに・・・。」と
申し訳ない気持ちと後悔の想いが渦巻いているのです。



チャンスの神様は前髪しかありません。
通り過ぎてからそれに気づいても、それを捕まえることは難しいのです。


子ども歯並び無料セミナーとその後の診査・診断は、
そのチャンスの神様の前髪をつかまえるきっかけだと思って、
どうぞお気軽にお越しください。


矯正治療を始めるかどうかは、診査・診断を終えてから
ご家族でじっくり考えて決めていただければ良いのですから。


投稿者 医療法人真稜会IDentalClinic

アクセス


大きな地図で見る〒479-0831 愛知県常滑市錦町1-22-2
名鉄常滑線多屋駅から徒歩15分
営業時間:AM9:00~PM18:00
休診日:木曜日、日曜日、祝祭日

  • RSS配信
  • RSSヘルプ