MRC矯正治療

2015年10月21日 水曜日

日常の癖を改善し、習慣化するために

お子さん向けの早期矯正治療について、
悪くなってしまう歯並びや咬み合わせの、
その原因に焦点を当て、
原因改善するための治療法として、
MRC(Myofunctional Research Co.)を取り入れています。



歯並びや咬み合わせを悪くしてしまう原因の多くが、
「口呼吸」「唇や舌の良くない癖」「日常の姿勢」ということから、
普段の生活習慣や何気なくしてしまう癖などを見極め、
良い習慣に導くためのトレーニングなどをおこないます。


月に一度の来院と自宅での毎日のトレーニングで、
原則2年間の治療期間となりますが、

そのお子さんの年齢や性格、家族の協力、本人の意思、
そして口腔内の状態などによって、
スムーズに効果的に進む場合と、
なかなか効果があらわれにくい場合とがあります。


特に、最初のうちは
新しい生活習慣を身につける、ということもあり、
毎日続けるということが難しかったり、
つい忘れてしまったりすることがあります。

私たちとしては
お子さんのモチベーションをどう維持するか、
ご家族の方の協力をどう引き出すか、
あの手この手で工夫しています。



とはいえ、今日教わったことを1か月間ずっと記憶して、
その通り続けるというのは、大人でも難しいこと。

今年一年の始まりに掲げた目標や夢、今も継続していますか?
忘れちゃったりしていませんか?


1960年に、アメリカの形成外科医
マクスウェル・モルツ博士が提唱した『21日間説』をご存知でしょうか?
新しい習慣を、まず21日間続けられれば、
それは日常の習慣として身につくものである、というものです。

複雑なものの場合、『66日間』ともいわれています。


このように、最初の数か月間、
習慣として身についてしまえば、後は簡単です。
逆に言えば、最初になかなか身につかなかったものは、
後になってからもなかなか身につかないものです。


だからこそ、私たちがすすめるMRC矯正も、
毎月1回の来院は必要ですが、

それ以上に、モチベーションを維持し、
一緒に課題に取り組んでいくためのフォローアップを用意しました。



MRC矯正を始めて、最初の3か月間は、
他のお子さんと一緒の合同練習で、
主に鼻呼吸と姿勢、唇を閉じることに力を入れて、
楽しくおこなっていますが、

それだけではなく、別の日にフォローアップとして参加できます。



簡単に言うと、補講制度です。


平日の夕方に、いくつかフォローアップコースを設定しており、
他の子と一緒にアクティビティーの確認をしたり、
ひとりではやりづらいトレーニングを一緒におこなったりします。






やり方はわかってるんだけど、どうもうまくいかない、とか、
毎日やってはいるけど、これでいいのかな、とか、
毎日ちゃんとやるように言っているのに、全然やらない!、とか、

お子さんもご家族の方も、
不安や悩みを抱えながら取り組んでいることと思います。


だからこそ、安心してトレーニングをおこない、
しっかり習慣として身につけるためにも、
フォローアップコースへの参加をおすすめします。

フォローアップの日程や内容など、
くわしくは、担当のスタッフがお伝えします。

MRC矯正をやりはじめたけど、ちょっと不安がある方、
MRC矯正をはじめたいけど、ちょっと不安があるという方、
お気軽にご相談ください。

投稿者 医療法人真稜会IDentalClinic

アクセス


大きな地図で見る〒479-0831 愛知県常滑市錦町1-22-2
名鉄常滑線多屋駅から徒歩15分
営業時間:AM9:00~PM18:00
休診日:木曜日、日曜日、祝祭日

  • RSS配信
  • RSSヘルプ