MRC矯正治療

2015年9月29日 火曜日

唇の筋トレ

歯並びに限らず、全身の健康を維持するためには、
『鼻呼吸』は、絶対必須条件です。


言葉を話すことができるようになったヒトは、
口でも呼吸できるようになりましたが、
基本的には鼻で呼吸することがとても重要です。


鼻で呼吸するためには、お口は閉じていないといけません。



自分は鼻で呼吸をしている!と思っていても、
唇が渇きやすかったり、
唇が厚ぼったいタラコ唇だったり、
寝ている時に口や喉が渇きやすかったり、
よくしゃべる人、よく歌う人は、口呼吸をしていることが多いです。


お口を閉じるためには、
唇を閉じるためのお口周りの筋肉が必要です。

お口ぽかんの方や、口呼吸している方など、
唇を閉じる力を鍛えるためのトレーニングがあります。

リップトレーナーというものを使います。


唇と前歯の間にそのリップトレーナーを挟んで、
吸いつけたりすることなく、唇を閉じる力だけで、
外れないように力を入れて、ひっぱるものです。

家族や友達同士で、引っ張り合って競うのも、
楽しくトレーニングを続ける秘訣です。






実際に唇を閉じる力がどれくらいあいあるか、
調べたことはありますか?


I Dental Clinicでは、口唇圧計を使って、
唇を閉じる力を計測しています。




唇を閉じる力、めざせ1000グラム。

つまり、1kgの力が本来必要なんです。
1kgといえば、牛乳パック1本分、
500ccのペットボトル2本分。

それだけの重さを、唇だけで釣り上げることができるでしょうか?


歯で噛んじゃ、ダメなんです。
キュッと吸いつけてもダメなんです。

あくまでも、唇を閉じる力のみで・・・・。


大人でも、意外に弱いものです。


でも、お口周りの筋肉をある程度鍛えておかないと、
お口ぽかんのだらしない口元になってしまいます。

それは見た目だけでなく、
歯並びを悪くすることはもちろん、
全身の様々な病気を引き起こす原因にもなります。


唇の筋トレ、あなたもはじめてみませんか?



お子さんの歯並びや咬み合わせが気になる方は、
随時無料説明会を開催していますので、
どうぞお気軽にお問い合わせください。

まずは、どんな方法で治療するのか、
いくつかの症例をお見せしながら、
治療の流れと料金プランについてお伝えいたします。


子ども歯並び無料セミナーのお申し込みは、
お電話にてご予約をお願いします。

0569-35-2119
「子ども歯並び無料セミナー希望」とおっしゃってくださいね。

投稿者 医療法人真稜会IDentalClinic

アクセス


大きな地図で見る〒479-0831 愛知県常滑市錦町1-22-2
名鉄常滑線多屋駅から徒歩15分
営業時間:AM9:00~PM18:00
休診日:木曜日、日曜日、祝祭日

  • RSS配信
  • RSSヘルプ