パオクラブ

2015年9月 7日 月曜日

仕上げみがきが好きな子に

3歳未満のお子さんを対象にした、
『パオクラブ』では、

・歯医者さんに慣れる
・仕上げみがきが好きになる

というお子さんに対する目的と

・お母さん同士の情報交換や
・予防についての正しい知識と情報をお母さんに伝える

というお母さんに対する目的の両方を持ち合わせ、
お子さんの健康的な口腔を育成していくのがねらいです。




お母さんからよく相談されるのが、
「この子、なかなか仕上げみがきさせてくれないんですよ」
という言葉。

まじめで一生懸命なお母さんによくありがちな悩みです。


仕上げみがきをするために、
あれこれ試してみたり、時には力ずくで押えこんだり・・・

つい、力が入りすぎて、強くみがきすぎてしまい、
子どもにとっては痛くて嫌なことになってしまうことも・・・。


なんとかお膝の上にゴロンとなってくれても、
上手にお口を開けてくれなかったり、
ベロがじゃましてみがきにくかったり、
なかなか一筋縄ではいきません。


ベロに力が入りすぎてしまうと、
ベロがじゃまして、下の奥歯の裏側に歯ブラシが入っていきません。

なんとかベロをどかそうとするのですが、
子どもとは言えども、ベロの力って意外に強かったりします。



そんな時の裏ワザ。

子どもが好きそうなピーチ味やブドウ味のフッ素ジェルを、
歯ブラシの背中の部分か持ち手の端を使って、
上の前歯の裏や、上あごのあたりに、少しつけてみます。

そして、ここのところ甘くておいしいから、ちょっとなめてみて。
と言います。

子どもが、ベロを使って上あごをなめている間に、
下の奥歯の裏側をみがくのです。


こうしてあげると、
自然にベロを上あごに持っていく練習にもなりますし、
必要以上にベロに力が入らず、仕上げみがきがしやすくなります。

子どもにとっては、
甘くておいしい桃のゼリーやブドウのゼリーを
お口の中に塗ってもらえるので、
喜んで「仕上げみがきして~」とやってくるでしょう。


もちろんその時は、
お母さんは笑顔でいてください。

正面で鏡に映る顔と、
下から見上げられる顔は、結構イメージが変わります。


一生懸命になりすぎて、怖い顔になっていると、
なかなかお膝にゴロンとしてもらえませんよ。



ベロを上あごに持っていくことで、
あご自体が健全に成長してくれます。

あごが健全に成長すれば、
鼻腔や気道も拡がり、鼻呼吸しやすくなります。

呼吸しやすくなると、姿勢も良くなります。

骨格や筋肉が健全い成長発達することで、
歯並びも良くなります。


むし歯予防のための『仕上げみがき』が、
実はその後の歯並びにも大きく影響するんですね。



投稿者 医療法人真稜会IDentalClinic

アクセス


大きな地図で見る〒479-0831 愛知県常滑市錦町1-22-2
名鉄常滑線多屋駅から徒歩15分
営業時間:AM9:00~PM18:00
休診日:木曜日、日曜日、祝祭日

  • RSS配信
  • RSSヘルプ