MRC矯正治療

2015年9月 5日 土曜日

お口を閉じる練習

お口を閉じて、鼻呼吸。

口(くち)で呼吸するのは、苦恥(くち)呼吸。
苦しくて恥ずかしい呼吸なんだよ。

鼻で呼吸するのは、
鼻呼吸(びこきゅう)=美呼吸(びこきゅう)。




そんなことを、矯正治療中にお子さんたちに、伝えています。



そのためには、お口を閉じる練習も必要です。
お口にテープを貼ったりすることもあるけれど、
もっと簡単で手軽にできる練習法。

それは、お口の中に一口分のお水を含んで、
舌をお皿のようにしてお水を乗せて、上あごにくっつける。
そして、静かにお口を閉じて、そのまま・・・

ピアノの練習をする時も、
読書タイムやゲームをする時も、
テレビを見る時や宿題をする時も、

ずっとお口にお水を含んだままお口を閉じて過ごすことが、
唇を閉じる練習になります。


お母さんからすれば、しばらく静かでいいわ!なんていう声も。


慣れてきたら、
お口にお水を含んだまま、なわとびしたり、
かけっこしたり、バランスボールに乗ったり、
身体を動かして、よく運動してもお口で息しないように、
お鼻だけで静かな呼吸ができるように。


そういう練習をすることも、
歯並びを悪くさせないための、大事なポイントになります。


気をつけたいのは、舌はお水を乗せたまま、
上あごにくっつけておくこと。

歯と歯の間に舌を挟んだり、
歯の裏側を舌で押したりすることがないように。



ちなみに、お風呂に入っている時に、
お水を少しお口に含んで入ると、
いつも以上に汗が出てきます。

お口の中のお水を吐き出す時、
どろっとした唾液も一緒に吐き出されたら、
唾液腺のつまりも解消されたかのように、
その後、唾液が出やすい状態になりますので、
一石二鳥、三鳥ですよ。


投稿者 医療法人真稜会IDentalClinic

アクセス


大きな地図で見る〒479-0831 愛知県常滑市錦町1-22-2
名鉄常滑線多屋駅から徒歩15分
営業時間:AM9:00~PM18:00
休診日:木曜日、日曜日、祝祭日

  • RSS配信
  • RSSヘルプ