MRC矯正治療

2015年9月19日 土曜日

矯正治療はいつからはじめる?part2

昨日アップしたブログ記事、
『矯正治療はいつからはじめる?』

ご覧になった方々から、様々な反響をいただきました。


たくさんの方に関心を持っていただけることは、
とても嬉しいことです。ありがとうございます。


昨日のブログでは、
I Dental ClinicでMRC矯正を始めた年齢のグラフをお見せしながら、
実際にトレーナーを用いた治療方法で、
効果的に改善している年齢として、
8歳から10歳くらいが一番多いですよ。とお伝えしたのですが、

では、8歳未満の幼いお子さんは、効果が少ないのか、
だったら、8歳か10歳まで待ってから始めた方がいいのか、
というご指摘やご質問をお受けしました。


私の書き方が悪かったせいで、
誤解を与えてはいけないのですが、

決して8歳未満のお子さんが、矯正治療を始めるのに対して、
効果が少ない、というわけではありませんし、
気になっているのに、8歳や10歳まで待つ必要もありません。


幼い年齢なら幼い年齢なりのアプローチがあります。

もっと言えば、妊娠中のお母さんの過ごし方や体力によっても、
お子さんの成長と発達に影響を及ぼしますので、
ママさんを対象にした知識や情報などをお伝えすることもできますし、

お子さんが生まれて、まだ歯も生えておらず、
おっぱいを飲んでいる時でさえも、
その赤ちゃんの抱き方やおっぱいの与え方、
離乳食の与え方などによっても、
お子さんの歯並びや咬み合わせに影響を及ぼします。

幼稚園や保育園に行く頃になって、
乳歯が生えそろった頃の、
食事の仕方や運動能力などによっても、
成長と発達に影響がでますし、

小学校に入ってからの、
歯の生え変わりの時期だからこそ
気を付けるべきこともありますので、

それぞれの年代に合わせた取り組み方や方法があります。



ただ、ある年齢を超えてしまうと、
なかなか改善しにくくなる、というのはあります。

その時は、成人用の矯正治療をすすめることになりますが、
それでも、お口周りの筋肉のトレーニングをおこなうことで、
後戻りを防いだり、美しさと機能を保つことができたりしますので、
それらも踏まえた治療法というのをお伝えしたいと思っています。


ですから、「矯正治療はいつからはじめる?」
という質問には、こう答えることにしましょう。


「気になった時、迷った時、今がそのベストタイミングです。」と。



私たち歯科医療者としては、
ご本人が気が付かなかったとしても、
その先の未来をある程度予測できてしまうので、
必要な時期には、そっとお知らせします。

そのタイミングを逃さないように、うまくスタートできたらいいですね。



詳しくは、『子ども歯並び無料セミナー』にお越しください。
随時開催してますので、ご希望の方はお気軽にご連絡ください。


0569-35-2119
文責:杉田美由紀

投稿者 医療法人真稜会IDentalClinic

アクセス


大きな地図で見る〒479-0831 愛知県常滑市錦町1-22-2
名鉄常滑線多屋駅から徒歩15分
営業時間:AM9:00~PM18:00
休診日:木曜日、日曜日、祝祭日

  • RSS配信
  • RSSヘルプ