パオクラブ

2015年9月25日 金曜日

歯医者に連れてくる前にpart1

お子さんを歯医者さんに連れてくる前に、
お家の方にお願いしておきたいことがあります。


それは、『歯医者は嫌なところ』というイメージを、
お子さんに与えないでいただきたいということです。



多くの大人たちは、『歯医者は嫌なところ』というイメージが
すでに刷り込まれていることでしょう。

それはなぜか。



かつては『むし歯の洪水時代』などといわれ、
多くの子どもたちがむし歯を持つ時代がありました。

毎年の学校検診で『要むし歯治療』と言われ、
痛くて怖いむし歯治療を
繰り返しおこなってきたからではないでしょうか。

あの時の、歯医者の薬の臭い、歯を削る音・・・
歯の痛いのは、なかなか我慢できるものではありません。



そんなトラウマをお持ちの親御さんが多いからか、
自分の子どもにはそういう思いをさせたくない一心で、
むし歯にさせないよう、
大変熱心に取り組んでいる方もいらっしゃいますが、


自分が歯医者に対して良いイメージがないので、
ついつい足が遠のき、なかなか連れて来れない方や、

連れてきたとしても、
「嫌だよね。怖いよね。」と、言葉で恐怖のイメージを植え付けてしまう方、

中には、何かのバツゲームのつもりなのか、
「○○しないと、歯医者に連れて行くよ」
「そんな悪い子は、歯医者さんで怒ってもらうよ」
などと、まるで歯医者を閻魔大王のように思っていらっしゃる方もいるようです。


もちろん、親御さんにとっては悪気はないのでしょうが、
日常のそういう積み重ねが、
お子さんの脳裏に『歯医者は嫌なところ』と意識づけられてしまうのです。



予防歯科としておこなう診療は、
歯科医療者側からの一方通行な治療とは違い、
お互いの信頼関係の上で、協力し合いながらおこなうものです。

歯医者に来た時だけ、
プロの手できれいにクリーニングして、
フッ素をすればいいというものではありません。

ご自宅での歯みがきはもちろん、
食事や生活習慣などについても一緒に考え、実践していきます。


予防歯科として効果を最大限に発揮するためには、
お子さん自身の好奇心とやる気、
ご家族の方の理解と協力が不可欠です。


ですから、どうか『歯医者を嫌なところ』というイメージを
与えないようにお願いいたします。



もしお子さんから
「今日は、歯医者さんで何するの?」と聞かれたら、

「どんなことをするんだろうね。楽しみだね。
 歯医者さんに行ったら、お姉さんに聞いてみようね。」

と伝えていただけるとベストです。


「○○ちゃんが、ちゃんと歯をみがかないから
 むし歯になっちゃって、だからその悪い歯を削るんだよ」

なんて、決して言わないでください。



逆に、「痛くないよ。怖くないよ。」と慰めすぎるのも、
よくありません。

脳は否定の言葉を理解しないので、
「痛くない」ではなく「痛い」、
「怖くない」ではなく「怖い」と認識してしまうからです。


どうぞ、にこやかに、ほがらかに。

歯医者に通うのを、親御さん自身も楽しみにできるように、
私たちI Dental Clinicスタッフも心を込めてお伝えします。

投稿者 医療法人真稜会IDentalClinic

アクセス


大きな地図で見る〒479-0831 愛知県常滑市錦町1-22-2
名鉄常滑線多屋駅から徒歩15分
営業時間:AM9:00~PM18:00
休診日:木曜日、日曜日、祝祭日

  • RSS配信
  • RSSヘルプ