MRC矯正治療

2015年7月25日 土曜日

舌のチカラで歯が動く

乳歯から永久歯に生え変わる頃は、
子どもにとっての成長期。


よく噛み、よく運動し、よくしゃべることで、
上あごも下あごもそれぞれ成長し、
その成長に合わせて28本の永久歯が
生えそろっていきます。


最近のお子さんは、あごが小さいといいます。
小顔なのはいいけれど、
生えてくる歯が並びきれないくらいのあごの狭さは、
いかがなものでしょう・・・


さらに、生え変わり途中の口の中は、
気になって気になってしょうがないのでしょう。

つい、口の中を舌が右往左往しながら動き回り、
乳歯が抜けたあとのスペースから舌を出そうとしたり、
上下の前歯の間に舌を挟み込んだり、
なかなか落ち着いてくれず、ポジションも定まりません。


だから、奥歯でカチンと噛んでイーッとしてね。
と言って写真に撮ると、



こんな風に、舌で歯を押すようにしてしまうことも・・・

普段、上下の前歯の間に舌を挟み込んだり、
つばを飲み込む時に舌が前に出てくる癖があるので、
カチンと噛んだつもりでも、上下の前歯が咬み合わさりません。

舌のチカラで歯は動いてしまうのです。
舌の癖が、歯並びや咬み合わせをを悪くさせてしまうのです。



本来、前歯ははさみのように、
野菜や海草、うどんなどを噛み切る役割があります。

でも、これではうまく噛み切ることができません。


じゃあ、どうやって長いうどんを噛み切るのか・・・。
きっとこの子は、上の前歯と下唇を使って噛むのでしょう。

せっかくきれいな歯が生えているのに、
ほぼその役割を果たすことがないなんて・・・。



普段の何気ない時の舌の位置。
つばを飲み込む時などの舌の動き。

そういう、無意識の習癖を改善することが、
歯並びや咬み合わせを治していくことにつながります。

その無意識の中での筋機能を改善させ、
維持させるための装置が、マイオブレイス(トレーナー)です。



興味のある方は、お気軽に話だけでも聞きにいらしてください。
子ども歯並び無料セミナーは、随時開催しています。

0569-35-2119
お電話にて、ご予約下さい。

投稿者 医療法人真稜会IDentalClinic

アクセス


大きな地図で見る〒479-0831 愛知県常滑市錦町1-22-2
名鉄常滑線多屋駅から徒歩15分
営業時間:AM9:00~PM18:00
休診日:木曜日、日曜日、祝祭日

  • RSS配信
  • RSSヘルプ