MRC矯正治療

2015年7月18日 土曜日

飲み込むチカラ

子どもの歯並び治療(MRC矯正)では、
歯並びを悪くしてしまう"原因"を改善することに力を入れています。


歯並びを悪くしてしまう"原因"のひとつが、唇や舌の癖。
特に飲み込む時の舌の癖や、その機能に注目します。


ですから、トレーニングの中には、
「飲む」「食べる」トレーニングもあるんです。


リンゴやナシ、クッキーやビスケットなど、
水分量などに違いがある食材をいくつか用意していただき、
それを一口、口の中に入れてよく噛んでもらいます。

飲み込む一歩手前のところで、
お口を開けてもらい、口の中を見てみます。



あれ?

ビスケットを噛み砕いた屑が
口の中いっぱいに広がった状態。

これをこのまま飲み込んでも、
舌の上には食べかすが残ってしまいます。

ビスケットを食べた後、お水を飲みたくなってしまいますね。



でも、舌を使って、頬の内側の粘膜、筋肉を使って、
上手に舌の上に食べ物の塊を集めるトレーニングをすると、



こんな風に、上手に舌の真ん中に
食べ物の塊を集めることができるようになりました。

そして、そのまま舌が持ち上がる力を使って、
ゴクンと飲み込めば、飲み込んだ後も舌の上はきれいです。



舌を常に上あごにぴったりとつけて、吸い上げているように。

飲み込む時は、舌の上の食べ物や飲み物を、
舌が持ちあがる力を使います。

その時、舌の先が前に押し出されないように。


食事の時は意識して飲み込むことができますが、
普段、日常的に無意識のに口の中の唾を飲み込んでいます。
それは起きている時も、寝ている時も。


そのたびに、悪い癖があったり、
機能が働いていなかったすると、

何度も何度も舌が歯を押してしまったり、
歯と歯の間に舌がはさまって間をあけてしまったりして、
歯並びを悪くさせてしまうのです。



舌は筋肉でできていますから、鍛えれば動きも良くなります。



飲み込むチカラを鍛えることは、
歯並びを良くすることだけでなく、
むせたりせず、誤嚥を防ぐことにもつながります。


あなたの飲み込むチカラ、どうですか?


MRC矯正、子どもの歯並び治療に興味のある方は、
お気軽にお問い合わせください。

無料セミナーも、随時開催しています。


投稿者 医療法人真稜会IDentalClinic

アクセス


大きな地図で見る〒479-0831 愛知県常滑市錦町1-22-2
名鉄常滑線多屋駅から徒歩15分
営業時間:AM9:00~PM18:00
休診日:木曜日、日曜日、祝祭日

  • RSS配信
  • RSSヘルプ