MRC矯正治療

2015年7月 6日 月曜日

MRCのよくある勘違い

MRC矯正の一番良いところ、
一番の特徴ともいえるのは『トレーナー』の存在でしょう。



シリコン素材のやわらかい材質で、
口の中に装着しても痛くありません。

この『トレーナー』という装置を
日中の起きている時にお家で1時間と
寝ている時にお口の中に装着するのですが、

学校に行く時や食事をする時などにはつけなくていいのです。




そう聞くと、MRC矯正ってなんだか簡単!と思ってしまいがち。

中には、
「そのトレーナーを買えば、誰でも歯並びがきれいになるんでしょ」
「もっと安くトレーナーを買えるところはないですか?」
「○○医院さんは、トレーナー料金が△△円で安いらしいよ」
などという声が聞こえてきたりもします。


がしかし、それはよくある勘違いです。


『トレーナー』はあくまでも、
悪い癖を改善するための補助道具。

たしかに、しっかり『トレーナー』を使っているお子さんは、
歯並びも早くきれいに治ります。


でも、自分のどんな癖が歯並びを悪くしているか、
どこをどう改善すればいいのか、
どこをどこまでをゴールにしたいのか、

ということを診断・計画・理解したうえで、
MFTというトレーニングとともに活用し、
どこまで改善できているか、
効果はあるのかを毎回確認しながら進めることが大事なのです。




どんなに立派なピアノを購入しても、
購入しただけではモーツァルトの幻想曲は弾けません。

かといって、紙に書いた鍵盤でどんなに練習しても、
それだけでは上達しません。

その人の技術や練習度合いによって、
今おこなうべき練習方法や、向いている楽器のレベルがあります。



また、どんなに素晴らしい自転車を手に入れても、
手に入れただけでは、ロードレースには出れません。

レースに出て、少しでも早く走りたければ、
自転車を選ぶことも大事ですが、
それに見合う筋肉を鍛えること、
心肺機能を高めることも重要でしょう。



MRC矯正の『トレーナー』は、ピアノや自転車と同じです。
持っているだけでは、それこそ宝の持ち腐れ。
ただやみくもに使っているだけでは、効果は低いのです。


I Dental ClinicでのMRC矯正は、
せっかくの『トレーナー』を宝の持ち腐れにはしません。

歯科医師も歯科衛生士も歯科助手も、
それぞれが患者さんごとに担当制なので、
ピアノの専属レッスンや自転車の専属コーチみたいなものです。

その子の癖や生活習慣、成長などをしっかり把握しながら、
ともに喜び合い、ともに励まし合い、
時に楽しく、時に厳しく、常に一番近くでサポートします。


そして何より、1年半続けてきて、
実際にたくさんの結果を出してきているので、
自信を持っておすすめできるのです。


興味のある方は、ぜひお気軽に話だけでも聞きにいらしてください。
MRC無料セミナーは随時開催しています。

0569-35-2119
「子ども歯並び無料セミナー希望」と
お電話でのご予約をお待ちしています。

投稿者 医療法人真稜会IDentalClinic

アクセス


大きな地図で見る〒479-0831 愛知県常滑市錦町1-22-2
名鉄常滑線多屋駅から徒歩15分
営業時間:AM9:00~PM18:00
休診日:木曜日、日曜日、祝祭日

  • RSS配信
  • RSSヘルプ