MRC矯正治療

2015年6月23日 火曜日

口元を見ただけで、歯並びが想像できる

口の中の歯並びの状態を直接見なくても、
顔だちや口元を見ただけで、
ある程度その歯並びを想像することができます。


たとえば、こんな口元。
9歳の女の子です。



唇が少し乾燥して、しわになってます。
下の唇の舌に、すじのようなしわができています。
唇の右上あたりに、えくぼができています。



きっと、写真を撮るので唇を閉じたのでしょうが、
普段は唇があいて、口呼吸をしているのでしょう。

唇を閉じる力が弱いということは、
きっと、前歯は前に押し出されるように、
いわゆる出っ歯になっているのでしょう。

下唇のすぐ下、下あごのところに力が入ってしまうので、
きっと下の前歯が後ろに押されているのでしょう。

えくぼができるということは、
頬や唇周りのの筋肉で内側に押されているので、
あごはせまく、内側に押されているのでしょう。



そんなことを想像しながら、
実際の歯並びの状態を確認してみます。
奥歯で咬み合わせて、真横から撮影した様子です。



ほらね。
やっぱり、かなり上の前歯が出てしまっているように見えます。


じゃあ、良い歯並びにするためには、
上の前歯を奥に引っ込めればいいのでしょうか?


唇を閉じた状態の横顔の写真を見てみましょう。


下あごが、ほとんどない状態です。



このお子さんは、上の前歯が出っ張っているのではなくて、
下あご、下顔面の成長が不十分で、
下あご、下の前歯が後退しているために、
上の前歯が出ているように見えるのです。


もちろん、唇を閉じる力が弱いために、
上の前歯の角度が前向きになってしまっていますが。




そこで、私たちがどうアプローチするかと言えば・・・
もちろん、ワイヤーは使いません。




詳しくお聞きになりたい方は、
どうぞ、「子ども歯並び無料セミナー」においでください。

0569-35-2119
医療法人真稜会I Dental Clinic

「子ども歯並び無料セミナー希望」とお伝えください。

次回は6月24日(水)17:30より、開催いたします。

投稿者 医療法人真稜会IDentalClinic

アクセス


大きな地図で見る〒479-0831 愛知県常滑市錦町1-22-2
名鉄常滑線多屋駅から徒歩15分
営業時間:AM9:00~PM18:00
休診日:木曜日、日曜日、祝祭日

  • RSS配信
  • RSSヘルプ