スタッフBlog

2015年6月16日 火曜日

デンタルアシスタント

歯科医院で活躍するスタッフには、
様々な職種があります。

歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士と言った、
歯科に関する国家資格を持った専門職。

他にも、歯科助手、受付、医療事務、保育士、滅菌消毒など、
様々な場面で活躍するスタッフもたくさんいます。


その中で、よくその違いがわかりにくいと言われがちなのが、
歯科衛生士と歯科助手ではないでしょうか。


私たちの医院では、
それぞれ役割や業務内容が違い、
やっていいこととできないことが異なる職種なので
ユニフォームでその違いが一目でわかるようになっています。




歯科衛生士は、
直接患者さんの口腔内に触れ、診査することができ、
必要であれば歯石除去やブラッシング指導をおこない、
予防処置をおこなうことができます。





歯科助手は、
歯科医師や歯科衛生士のそばで、
診療がスムーズに進むように介補についたり、
患者さんにわかりやすく説明したりします。




歯科助手のことを、
『デンタルアシスタント(DA)』と呼ぶことがあります。

デンタルとは、「歯の」「歯科の」という意味の形容詞。
アシスタントとは、「助手」「補助者」という意味の名詞。


アシスタント・アシストという言葉とよく似ている言葉に、
「ヘルプ」や「サポート」という言葉があります。



「ヘルプ」とは、誰かの代わりに手助けすること。
たとえば、メンバーが不足している時に、
他から誰かを「ヘルプ」で入れる、とか、
担当者が不在の時に、誰か別の人が代わりにおこなうことを言います。

この時、「ヘルプをした人」が主役になってしまいます。
誰かの代わりに成し遂げるわけなので、
達成感を感じるのは「ヘルプをした人」。

ただ気をつけたいのが、「ヘルプ」しすぎてしまうと、
相手の存在意義ややりがいを奪ってしまうことにもなりかねません。



「サポート」とは、相手に寄り添い、支え、応援すること。
サッカーで言うところの、サポーターです。
主役であるチームや選手のために、
一生懸命応援することで喜びややりがいを感じます。

自分自身に光が当たらなくても、主役になれなくても、
裏で相手のために応援することが幸せだと感じるのです。



「アシスト」とは、
相手が最高のパフォーマンスができるように手助けすること。
誰かの代わりに何かを成し遂げるのでもなく、
誰かのために裏方で支援するのでもありません。

これもサッカーで例えると、
相手がシュートを打ちやすいタイミング、場所に、
絶妙な状態でパスを送れることを言います。
この時、シュートを決めた人だけでなく、
「アシスト」にも賛美が贈られ、光が当たります。

この「アシスト」が良い働きをすることで、
シュートを打つ人も、チーム全体も良い方向に向かうのです。




私たちI Dental Clinicの
『デンタルアシスタント』は、そんなチームです。

それは、歯科医師や歯科衛生士へのアシストだけでなく、
患者さんに対してのアシストにも全力を向けています。

時には、「ヘルプ」や「サポート」もおこなう時はありますし、
自ら「キャスト」として輝く場面もあります。

ただ言われたことをこなすだけの作業者ではありません。
自分の意志で、診療がスムーズに回り、効率よく、
そして患者さんにとっても良い場を提供できるように、
様々なことに気を配り、誇りを持って仕事をしています。

投稿者 医療法人 真稜会 I Dental Clinic

アクセス


大きな地図で見る〒479-0831 愛知県常滑市錦町1-22-2
名鉄常滑線多屋駅から徒歩15分
営業時間:AM9:00~PM18:00
休診日:木曜日、日曜日、祝祭日

  • RSS配信
  • RSSヘルプ