スタッフBlog

2014年2月 4日 火曜日

歯科衛生士の一日


予防の歯科医院としての歯科衛生士の一日を追ってみました。

8:40 朝礼開始



身支度を整えて、9:00から始まる診療に向けて、
スタッフ全員で連絡・報告、申し送りなどをします。

和気あいあいと、それでいてビシッとしめるところはしめる。
活気のある朝礼は、その日一日の気分に影響します。

その日自分が担当する患者さんのカルテはすべて事前チェック済み。
朝礼後、その日のカルテを自分のチェアサイドの棚に持っていきます。


この日の最初の患者さんは、半年ごとにメンテナンスに通う30代女性。
しみる症状が出てきたとのことで、まず担当ドクターによる口腔内診査。




特にむし歯にはなっていなかったようなので、一安心。
1時間かけて、しっかりクリーニング。
最近子育てに忙しいという彼女だからこそ、
ここで受けるメンテナンスは至福のひととき。



サージテル(拡大鏡)を使用して、細かい部分も見落とさず、
お口の中をピッカピカに磨きあげます。


その後は、3歳未満向けのキッズクラブ『パオクラブ』の時間。

まだひとりで診療チェアに座れない小さなお子さんや、
歯医者にはまだ慣れていない幼いお子さんたちが、
まずは歯医者に慣れながら、保育士や助手の子たちのサポートをもらい、
お母さんのお膝の上で楽しく予防ができるクラブです。




子どもたちのお口の中の診査・歯みがき指導の後は、
お母さんたち向けに、予防についてのミニセミナー。



お母さんたちの真剣なまなざしと、興味津々な様子に、
こちらまで熱く語り始めます。

正しい知識をしっかり伝えることも、歯科衛生士としてとっても重要。


その後は、ランチタイム。
I Dental Clinicでは、スタッフ数も多いため、全員一度にお昼休憩をとりません。
各自、時間をずらして予約をとり、その中で順番にお昼休憩です。

先輩も後輩も、職種も超えて、楽しく話も盛り上がります。




ゆっくりお昼ご飯を食べた後は、矯正治療。
矯正を始めてから、どう変化してきたか、ちょっとした患者さんの表情も見逃しません。




矯正専門医による、診査と治療。




矯正治療は、見た目にもどんどん美しく、良くなっていくのがわかりやすいので、
携わっている歯科衛生士と患者さんが一緒になって喜べます。
でも、装置が入っていたりすると汚れが残りやすいので、
プロの手によるクリーニングは欠かせません。





次の患者さんは、前回受けた『だえき検査』による、
今後の予防プログラムの説明とクリーニングのために来た70代の女性。
自分の歯を一本でも多く残して、元気で長生きできるよう、
一緒になって歯と健康を守ります。




時には、昔の思い出話や、何気ない日常の出来事など、
世間話の中から、患者さんの本当に望んでいることを引き出すことがあります。
その人の人生にそっと寄り添って、共に歩んでいくようなそんな気持ちになれます。





夕方になると、子ども達の診療が多くなります。
学校から帰ってきた姉弟一緒に、『だえき検査』を受けに来ました。




『だえき検査』で使うキットは、WHO基準のキット。
これらを使って、それぞれのむし歯の原因を追究し、最適な予防方法を導き出します。




「この世から むし歯をなくす」という使命の元、
歯科衛生士に課せられるものは、患者さんに正しい知識を伝え、
自分の口腔環境に興味を持ってもらい、良い状態を維持できるようにサポートすること。



診療が終わった後は、その日あったことをスタッフみんなに報告連絡をしたり、
明日の診療の確認をする、終礼があります。

歯科衛生士だけでなく、他の職種のみんなと情報を共有することで、
お互いを支え合い、チーム医療で進めていくことが出来ます。


不安や問題点、課題などは、その場ですぐ話し合い、解決していくので、
常に前進、成長をし続ける職場です。



投稿者 医療法人 真稜会 I Dental Clinic

アクセス


大きな地図で見る〒479-0831 愛知県常滑市錦町1-22-2
名鉄常滑線多屋駅から徒歩15分
営業時間:AM9:00~PM18:00
休診日:木曜日、日曜日、祝祭日

  • RSS配信
  • RSSヘルプ